新宿 美容皮膚科369clinic【LINEカウンセリング・低価格・web予約】

美容皮膚科 369clinic

スペクトラ

「スペクトラ」は世界70ヵ国以上で販売されている韓国のトップメーカーであるルートロニック社の、世界的に効果と安全性が保証されたレーザーです。
1064nmと532nmの波長とパルス幅と照射速度をそれぞれ変えて併用することにより、様々な肌トラブルの改善を行うことが可能です。
治療を繰り返すことで”肌を変えて”いきます。
当院では全てのメニューを「ヒーライト」と合わせて治療することにより、単体での治療より治療効果を上げていきます。
◎トーニング(ルートロトーニング・ルートロピール)肝斑やくすみや色むらを改善します
【治療間隔・回数】2週間おき5〜10回
◎スペクトラピール
ロングパルスYAG照射にて肌質整え、赤み、ニキビ、毛穴、小皺の改善をします
【治療間隔・回数】3週間おき5〜10回
◎トーニングダブル(デュアルピール)
トーニングとスペクトラピールを同日に行います。肌質改善と美白治療を同日に行い、最短での美肌を目指します
【治療間隔・回数】3週間おき5〜10回
◎スポット照射
目立つシミ(老人性色素斑や雀卵斑など)やアザ(太田母斑やADMや異所性蒙古斑など)やタトゥーに集中してスポット的に強く照射します
類により瘡蓋(カサブタ)が1週間ほどできることがありますが、テープ保護は必要ありませんが、摩擦を避けて日焼け止めは必須です。瘡蓋ができないものもあります
【治療間隔・回数】基本的に1回 アザやタトゥーやしみの種類により2〜3ヶ月おき数回
以下スペシャルメニュー
◎1DAY 美白フルコース トーニングダブル(ドクター照射)+スポット照射50ショット内+ヒーライト
◎1DAY 美白フルコース+ホクロいぼ10個内(CO2)

【ダウンタイム・注意事項など】

・トーニング・スペクトラピール:赤み数時間・ひりつき・膨疹・まれに点状出血・回数行うと白斑のリスクがあります
・スポット:瘡蓋7日間程・内出血・赤み・色素沈着・一時的な色調悪化のリスクがあります
・拭き取りコスメ・コットン・スクラブなど摩擦アイテムは中止してください
・内服薬(トラネキサム酸、ビタミンC・E、Lシステイン)、外用薬(ハイドロキノン)の併用を推奨します
・2週間後のヒーライト照射を推奨します

クライオエレクトロポレーション

特殊な電流を用い、皮膚のバリア機能に隙間を空け、 肌再生に必要な「ヒトプラセンタ+トラネキサム酸+高純度ヒアルロン酸+高濃度ビタミンC+数種アミノ酸」の導入を行います。
イオン導入や超音波導入では難しかった高分子有効成分やイオン化されていない成分を大量に浸透させることができます。
また、導入と冷却を同時に行うため、美容成分を効率よく肌に取り入れるだけではなく、 他施術と組み合わせることで副作用の軽減も期待できます。特にレーザー治療やピーリングと同時に行っていただくと更に効果的です。

【効果】

・肌荒れ・バリア機能改善
・乾燥肌・ニキビ肌改善
・シミ・くすみ・シワの予防改善

【治療間隔・回数】

・1〜4週間おき 定期ケア

【ダウンタイム・注意事項など】

・稀に赤みひりつきがでることがあります

ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+は、HIFU(高密度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを利用した、たるみ治療機です。短時間で施術が可能で、痛みや術後の腫れも少なく、3層を同時にアプローチするこ とで皮膚を内側から引き上げ、たるみ・しわを改善します。
特に、たるみの原因となっているSMAS筋膜は、通常のレーザーやRF(高周波)では届かない深い層にあります。 HIFU(ハイフ)は深い層まで届くためSMAS筋膜を加熱することができ、高いリフトアップ効果が得られます。
4.5㎜(SMAS層へ到達)、3.0㎜(脂肪層へ到達)、 1,5㎜(真皮層へ到達)の3種類のカートリッジを使用し、各層にハイフ(高密度焦点式超音波)を照射することで、効果的なリフトアップ効果が期待できます。
施術直後は熱ダメージによって、組織内のたんぱく質の凝縮が起こり、引き締まります。その後、熱ダメージによる損傷を治癒するために、人体の「創傷治癒作用」が作用し、コラーゲン生成 が促進されます。皮膚の厚みや弾力が増 し、リフトアップ効果が長続きします。
また、ウルトラセルQ+リニアとはウルトラセルQ+で新たに導入された、 熱エネルギー照射によって脂肪減少に効果があるカートリッジです。従来のカートリッジと比べ、低い温度でアゴと頬に照射をするため二重アゴやたるみ脂 肪を破壊し、小顔効果が期待できます。
リニアカートリッジを使用し、線状に広範囲に照射していきます。 通常のリフトアップ治療である点状照射と比較して、リニアは4.5倍の広域加熱を行うことができます。
その広域照射により脂肪層を58℃前後まで熱することで脂肪溶解が起こります。BNLSアルティメットの同日施術でより早くに脂肪減少効果が期待できます。

【効果】

■ハイフ たるみ改善・肌の引き締め
■リニア 脂肪減少・小顔

【治療間隔・回数】

■ハイフ 2ヶ月あけて照射可 3〜6ヶ月おき奨励 ■リニア 3週間おき3〜5回

【ダウンタイム・注意事項など】

・圧痛・内出血・赤み・水疱・痂皮・色素沈着・一時的な神経障害のリスクがあります

スレッドリフト

スレッドリフト治療は、形状・素材が異なる吸収糸を皮下に挿入して引き上げることで、 気になる部位のリフトアップ、たるみ改善予防を行う治療です。
また、挿入された糸が吸収される過程(6ヶ月~2年)でコラーゲン線維を増生させ、肌のハリ、弾力も生まれます。 使用する糸は縫合糸としても使用される安全な素材で、時間をかけて徐々に吸収されていくため、皮膚に異物が残留するリスクがありません。
皮下脂肪の多い方は脂肪溶解注射、シワや凹みの目立つ方はヒアルロン酸注射との併用をおすすめします。HIFU治療(ウルトラセルQ+)と組み合わせることで、リフトアップ、引き締めの維持効果が期待できます。

【効果】

■Lリフト リフトアップ
■Sリフト ハリを出す 細かい部位のシワたるみ改善
・頬のリフトアップ
・口横のたるみ改善
・フェイスラインをシャープに

【効果持続】

・6ヶ月~2年

【ダウンタイム・注意事項など】

・疼痛、内出血、腫脹 数日〜2週間程度
・凹み、引きつれ 2〜4週間程度
・1ヵ月の安静必要(糸の移動の予防)
・局所麻酔にて施行。表面麻酔は予約必要
・1ヵ月後のハイフ治療やヒアルロン酸注入を奨励

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射を皮膚や皮下に注入することにより、顔のラインやパーツの形状やシワや凹みを矯正します。口唇、こめかみヒアルリフト、頬こけリフト、法令線、顎ヒアルは当院で人気の施術です。
韓国産の「Rejeunesse(レジュネッセ)」と「The ChaeumPremium」を使用します。麻酔入りで疼痛が抑えられます。

【効果持続】

・6ヶ月〜2年

【ダウンタイム・注意事項など】

・腫れ、内出血(2週間内 個人差あり)、しこり、血行障害、感染、アレルギーのリスクがあります。

スネコス

SUNEKOS(スネコス)は非架橋結合ヒアルロン酸と6種のアミノ酸(グリシン、L-プロリン、L-リジン、L-アラニン、 L-バリン、L-ロイシン)を特別な比率で配合した、国際特許を取得したイタリア製のアンチエイジングのための新しい治療です。
真皮の線維芽細胞を刺激してコラーゲンだけでなくエラスチン合成も促進し、肌のハリ・艶、シワ・たるみ(上下眼瞼含む)、質感を改善します。 もともと生体にあるアミノ酸を主体にしており、アレルギーを起こしにくいです。

【効果】

肌のハリ・艶、シワ・たるみ(上下眼瞼含む)、質感を改善

【治療間隔・回数】

・7〜10日おきに4回(1セッション)

【ダウンタイム・注意事項など】

・疼痛緩和に表面麻酔(クリームやテープ)をお勧めします
・施術直後の赤みは強く出ますが赤み・盛り上がりは4〜5時間程度で引いていき 比較的ダウンタイムは短い施術になります
・内出血のリスクがあります

ボツリヌストキシン
(スキンボトックス)

ボツリヌストキシン(タンパク質)を有効成分とする薬剤を使用します。このタンパク質を皮下や筋肉内に注入することで筋肉を弛緩させ、シワを緩和したり、 肥大した筋肉を縮少させたり、発汗を抑制 させる治療です。 当院ではボツラックスとイノトックス(共に韓国産)を使用しています。
―スキンボトックスとは―
薬剤を皮内に細かく注入することで下記のような様々な効果を得ることが出来ます。麻酔併用を推奨します。
■ナチュラルスキン(目から上)
額、眉間、鼻根、目尻、目の下 に少量ずつ注入してナチュラルにシワ改善させる治療です。
■ネフェルティティリフト
首、顎裏、フェイスラインに細かく注入し、フェイスラインのたるみ改善と首のシワ(縦のつっぱり、横ジワ)を改善しスッキリさせます。
スネコスやマッサージピールとの併用もおすすめです。
■毛穴スキン
鼻や頬などの皮脂や汗が気になる部位に注入することで、テカリや発汗を抑えます。

【効果】

・しわ改善
額、眉間、目尻、目の下、鼻根、バニー
・目を大きく
目の下
・小顔、歯ぎしり
エラ
・小鼻の広がりをおさえる
鼻翼(小鼻)
・口角を上げる
口角
・ガミースマイル
ガミー
・顎の梅干しシワ 顎をシャープに

・ワキの多汗
ワキ

【治療効果の持続】

・3〜6ヶ月 施術内容による 個人差あり

【ダウンタイム・注意事項など】

・内出血 数日~2週間程度
・疼痛
痛みに弱い方や毛穴スキンやワキの注入は表面麻酔(クリーム、テープ)を推奨します、別途で麻酔の予約が必要になりますので、予約時にお伝えください。34Gの細い針も疼痛緩和に効果的です。

マッサージピール

マッサージピール(PRX-T®33)は、33%の高濃度TCA(トリクロロ酢酸)と、低濃度過酸化水素、コウジ酸が配合された製剤を肌に塗布し、真皮深くに浸透させて線維芽細胞を活性化させることにより コラーゲンを増生させ、肌にハリや弾力をもたらしていく治療です。毛穴のざらつき、開き、小ジワにも効果的です。
また同時に、コウジ酸のメラニン生成抑制作用によりシミやくすみも改善していきます。 刺激がほとんどなく、赤みや皮むけなどが起こりにくいのが特徴です。

【効果】

毛穴のざらつき、開き、小ジワ

【治療間隔・回数】

・定期ケア(2〜4週間おき 5回〜)数を重ねて頂くことで、より効果が感じられます。

【ダウンタイム・注意事項など】

・赤み、ほてり、皮剥け、乾燥の可能性があります

ダーマペン4

超極細の針を高速に振動させ、一時的に皮膚に微細な穴を形成し、創傷治癒を利用して肌質改善を行います。様々な溶剤を皮膚に塗布して穴を開け浸透させることにより、美白・抗酸化効果、毛穴・シワの改善、細胞の活性化、ニキビ痕の凹みの改善、毛孔性苔癬の改善を行います。
【導入薬剤】
■QTCell
ヒト線維芽細胞培養液(hDF-CM)に含まれる様々な成長因子など(FGF、HGF、VEGF、PDGF、IGF-BP、フィブロネクチン、プロコラーゲン)の他、神経ペプチド、アデノシン、ナイアシンアミド、フコイダンなどを配合。Qure skinというMFDS(旧KFDA)承認の医薬品の製造工程を利用して作られており、高純度・高容量の注射用(化粧品ではなく)を使用します。ハリやツヤの実感値の高い製剤です。
■MTP
ヒアルロン酸が配合されており、高い保湿性があります。ビタミンミネラルなど美白抗酸化に働く成分も多く配合してます。
■アムニオジェニクス
ヒト羊膜・絨毛膜の胎盤由来の増殖因子や、サイトカイン、コラーゲン(Ⅰ型、Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型、Ⅶ型)、タンパク質など、285種類もの成分が含まれた製剤です。幹細胞を引き寄せる働きや、抗炎症作用により肌の再生を促進するため、再生医療の分野で着目されています。ニキビ跡への効果のほか、毛穴、シワ、たるみの改善、ハリや弾力の回復を促し肌の若返りが期待できます。

【治療間隔・回数】

・3〜4週おき5〜10回

【ダウンタイム・注意事項など】

・赤み、疼痛、ひりつき、点状内出血、かさつき、アレルギーの可能性
・マイルド治療(針の長さ0.3〜1.0mm)でしたら2〜3日程度、アグレッシブ治療(1.0〜2.0mm)でしたら5〜7日程度の赤みひりつきがあります

ヴェルベットスキン

ヴェルベットスキンは、ダーマペン4とPRX-T33(マッサージピール)を組み合わせた治療です。
極細針で皮膚に微細な穴を開け、その後にTCA(トリクロロ酢酸)・低濃度過酸化水素・コウジ酸が配合された製剤をマッサージで浸透させることによってコラーゲン増生を促し、肌のキメ・ツヤ・毛穴改善・軽度凹み改善が期待できる施術です。

【治療間隔・回数】

・4週間おき3回以上

【ダウンタイム・注意事項など】

・赤み、ひりつき、腫れ、熱感が1〜3日程認められます。個人差あり。
・点状内出血、アレルギーの可能性があります。
・肝斑、乾燥部位は施術を避けます。肝斑悪化のリスクがあります。

毛孔性苔癬

ダーマペン4 にて一時的に微細な穴を開け、より浸透させやすい肌状態でミラノリピール ボディ用を塗布する治療法です。ダーマペン4 の創傷治癒を利用した肌質改善効果に加え、ミラノリピール の主成分であるトリクロロ酢酸50%、ラクトビオン酸、サリチル酸、タルトル酸、クエン酸が表皮剥離と細胞活性を促し、肌のざらつき(毛孔一致性の角化)や色み(色素沈着)を改善させます。

【効果】

肌のざらつき、色素沈着

【治療間隔・回数】

5〜6週間おき3回以上

【ダウンタイム・注意事項など】

・腫れ、熱感が1〜3日あります。
・点状内出血、アレルギー、痒みの可能性があります。
・7〜14日程度のつっぱり感、皮剥けの可能性があります。

メソガン水光注射
(フレンチショットU225)

フレンチショットU225は航空産業技術に基づき開発・改良を重ねて作られた、水光注射とダーマペンの良い部分のみを備えた新しいメソセラピーです。皮内に溶剤を1秒間に約7ショット注入します。吸引できない部位にも注入が可能です。吸引による内出血も認められにくいため、水光注射やダーマペンよりダウンタイムを気にせず気軽にお受け頂けます。注入する溶剤により効果が変わります。麻酔無しでの注入も可能ですが、痛みに弱い方は表面麻酔の追加を推奨します。
【薬剤】※一種類を必ずお選び頂きます※
■QTCell
ヒト線維芽細胞培養液(hDF-CM)に含まれる様々な成長因子など(FGF、HGF、VEGF、PDGF、IGF-BP、フィブロネクチン、プロコラーゲン)の他、神経ペプチド、アデノシン、ナイアシンアミド、フコイダンなどを配合。Qure skinというMFDS(旧KFDA)承認の医薬品の製造工程を利用して作られており、高純度・高容量の注射用(化粧品ではなく)を使用します。ハリやツヤの実感値の高い製剤です。
■MTP
ヒアルロン酸が配合されており、高い保湿性があります。ビタミンミネラルなど美白抗酸化に働く成分も多く配合しています。

【治療間隔・回数】

3〜4週間おき。5回程度

【ダウンタイム・注意事項など】

・赤み5時間程度
・点状内出血2〜7日
・アレルギーの可能性があります。
・浅めの注入の為基本的には麻酔なしですが、痛みに弱い方は表面麻酔をおすすめします。予約必要です。
・ニキビ、乾燥部位は施術を避けます。

プラズマシャワー

プラズマとは、気体を活性化させることによって原子から電子を放出させ、イオン化した気体となっている状態です。プラズマは個体、液体、気体のいずれとも異なる特有の性質を持つため、物質の第4 状態ともいわれています。プラズマは皮膚組織、血液にダメージを与えずに皮膚疾患の治療、滅菌、吸収性、皮膚の再生、抗色素沈着、皮膚の弾力性の向上に大きな効果があります。
プラズマシャワーの効果として、特に注目を浴びているのが、導入する薬剤を肌の奥まで浸透させていく「ドラッグデリバリー」効果です。 また、プラズマシャワーは、強力な滅菌力でさまざまな肌トラブルを引き起こす細菌を死滅させます。そのため活動性ニキビや悪化したニキビ、ニキビ予防に効果的です。
【導入薬剤】
■QTCell
ヒト線維芽細胞培養液(hDF-CM)に含まれる様々な成長因子など(FGF、HGF、VEGF、PDGF、IGF-BP、フィブロネクチン、プロコラーゲン)の他、神経ペプチド、アデノシン、ナイアシンアミド、フコイダンなどを配合。 Qure skinというMFDS(旧KFDA)承認の医薬品の製造工程を利用して作られており、高純度・高容量の注射用(化粧品ではなく)を使用します。ハリやツヤの実感値の高い製剤です。
■MTP
ヒアルロン酸が配合されており、高い保湿性があります。ビタミンミネラルなど美白抗酸化に働く成分も多く配合しています。

【効果】

強力な殺菌作用により、小さな数の少ない赤ニキビ、ニキビ予防に効果的です。薬剤を組み合わせることで、美肌成を肌の奥まで浸透させて美白・ハリツヤを出すことも可能です。

BNLS(アルティメット)

植物・海藻由来のメディカルハーブやデオキシコール酸など、 脂肪溶解・脂肪燃焼・リンパ循環改善・肌のひきしめ効果のある成分を配合した、 「BNLS ultimate(アルティメット)」を使用します。小顔・部分痩せ・左右差改善効果が期待できます。

【効果】

脂肪溶解・脂肪燃焼・リンパ循環改善・肌のひきしめ

【1セッション】

1~2週間おきに2~5回

スチームハイドラピーリング

美容成分を含んだ水流(ウォータージェット)の力を利用して、安全に美容成分を補給しながら角質ケア、毛穴クレンジングを行います。痛みも少ない治療です。毛穴の黒ずみや詰まり、くすみの改善の 効果的です。

【効果】

毛穴の黒ずみや角栓、くすみの改善

【治療間隔・回数】

・1ヶ月に1回間隔
・定期ケア

【ダウンタイム・注意事項など】

かさつきや乾燥部位やニキビ部位は避けて行います。

ニキビ専門外来

■ニキビ外来(初回約20分)
当院ではニキビ治療に精通した医師のみがニキビ診療を担当します。
①現在のスキンケアの確認
スキンケア内容により薬の効果がなくなったり、薬の刺激が強く肌トラブルをひきおこしたり。「ニキビ治療の要はスキンケアにあります」。ニキビの原因や悪化につながる内容があれば、変更のポイントをお伝えします。 洗顔方法、アイテムの選び方など。使用している薬や現在の肌状態、年齢や性別、季節や性格によってもおすすめする内容を変えています。
②薬の選択と使い方指導
肌タイプ、ニキビタイプにより薬を選び、使用法も変えてお伝えします。一般的な保険診療の使い方とは違うので、薬での肌トラブル経験のある方もご相談下さい。肌トラブルを引き起こさない、きちんと効かせる薬の使い方を指 導します。
③施術の選択
ニキビ治療においては正しいスキンケアや必要に応じた薬の使用が優先ではあります。ですが施術を行うことによりニキビを早期に改善したり、ニキビができにくい肌質に変えていくことができます。

LINEカウンセリングでニキビのタイプによりおすすめメニューのご紹介をしております。ニキビ外来ではご予算に応じた治療プランのご提案もしています。他院の保険診療との併用も可能です。

◎おすすめ治療プラン例
月1〜2回来院
《初回》
・ニキビ専門外来(初診) 薬処方
・スペクトラピール(ニキビ集中)
・クライオエレクトロポレーション
・LED
《2回目以降》
・ニキビ外来(再診) 薬処方
・スペクトラピール(ニキビ集中)
・クライオエレクトロポレーション
・LED
・ニキビ コメド圧出
《盛り上がったニキビが平らになってきたら》
・クライオエレクトロポレーション or ニキビウーバーピール or プラズマシャワー
《ニキビが落ち着いても凹みがでてきたら》
・ダーマペン4 or CO2フラクショナルレーザー

以下は他の施術と同日にのみご案内しているオプションメニューです。

【ニキビ・コメド圧出】

ニキビに針で小さな穴を開け膿や皮脂等の内容物を押し出し、ニキビを早期に改善したり悪化を予防したりします。

【ニキビ局所注射】

赤みの強いニキビにステロイドを注射し、早期に炎症を落ち着かせます。

ウーバーピール
(ニキビウーバーピール)

ダーマペン4にて一時的に微細な穴を開け、UBER PROを塗布する治療法です。UBER PROの主成分であるマンデル酸の抗炎症効果、レジルシノールの殺菌・角質剥離作用、乳酸の美白作用により、色素沈着改善、美白、ニキビ鎮静、ざらつき改善の効果が期待できます。
当院オリジナル治療のニキビウーバーピールは、抗男性ホンモン+トラネキサム酸+抗菌薬をパック導入することにより、早期に炎症ニキビの鎮静をはかります。軽度の赤ニキビの方におすすめの治療です。

【効果】

小さな赤ニキビ

【治療間隔・回数】

3週間〜4週間おき

【ダウンタイム・注意事項など】

・赤み(2〜3日)、かさつき、つっぱり感、点状内出血
・炎症の強いニキビの方や、乾燥のあるニキビ肌の方はニキビピコフラクショナルをおすすめします。
・肝斑部位は施術を避けます。

ヒーライトⅡ LEDセラピー

「ヒーライトⅡ」は、590nmと830nmの波長のLEDを連続照射することにより免疫細胞が増殖し、
血行やリンパ行を促進させ、肌の治癒力や代謝を上げていきます。
筋肉層まで届く高輝度・高密度の「ヒーライトⅡ」は、美容医療のみに限らず、眼科や整形外科でも眼精疲労や腰痛などの疼痛の治療に使用されています。
《期待できる主な効果》
・併用により美容施術効果を上げる
・施術後の腫れや赤みを改善させる
・内出血を早期改善させる
・傷を早く、きれいに治す
・むくみを改善させる
・色素沈着を予防し、改善を促進させる
・コラーゲン増生や血行促進や色素沈着改善効果によりクマを目立ちにくくさせる
・美白・シワたるみ改善
・肌荒れ改善
・皮脂量コントロール、消炎効果によるニキビ改善
・育毛
ニキビ治療には殺菌効果のある415nmの青の波長と、消炎効果のある635nmの赤の波長も使用します

【治療間隔・回数】

・他の施術と合わせて同日に
・シミ、ホクロ、イボなどのレーザー治療の2週間後
・症状の強い時は週2回の照射をおすすめします
(LEDは毎日照射も可能です)

リジュランアイ・HB

リジュランアイは、サーモンから抽出される「ポリヌクレオチド(PN)」を主成分としています。 メラニン減少効果、血管新生促進効果、消炎効果により、青クマや茶グマを目立ちにくくします。 また、線維芽細胞を活性化してコラーゲン・エラスチンの増生を促し、目周りのシワを目立たなくしてハリを出します。
リジュランHBは、リジュランアイに非架橋のヒアルロン酸と、リドカイン(麻酔)が入っているものです。 非架橋のヒアルロン酸はシワを持ち上げたりボリュームを出すものではありませんが、 皮膚に細かく注入することでヒアルロン酸のもつ保水力により、皮膚にみずみずしさを与えることができます。 ヒアルロン酸濃度高めたほうがコラーゲン増生されやすいため、リジュランアイの主成分であるポリヌクレオチドとの相乗効果でより効果的です。 また、リドカイン(麻酔)が含まれているので、痛みが軽減されます。 凹みの目立つクマやリジュランアイで痛みが強かった方は、こちらを奨励します。 法令線や口横のシワたるみ、全顔や首や手背などにも注入可能です。

【効果】

・クマの改善(青クマ、茶グマ、シワ、凹み)
・シワを目立たなくしてハリを出す

【治療間隔・回数】

・2週間おきに5回程度
・回数重ねる程効果がでてきます

【ダウンタイム・注意事項など】

・表面麻酔をしますが疼痛(HBよりアイの方が痛いです)があります。
・内出血、腫脹(1〜5日程度)、発赤、アレルギーの可能性

医療脱毛

当院で使用しているライトシェアデュエットは、世界的に実績のある医療レーザーメーカー、ルミナス社の医療脱毛レーザー機です。波長810nmのダイオードレーザーを搭載しています。
メラニン色素への選択的吸収と皮膚深達性を兼ね備えています。細い毛にも太い毛にも効きやすく、痛みが少ないのが特徴です。
ライトシェアデュエットには2種類の照射口が装備されており、照射部位によって使い分けます。
【HSハンドピース】お腹や太ももといった照射面積の大きい部位を照射することに適しています。吸引機能とレーザー照射面が一体型となっており、一定の吸引圧をセンサーが感知しないと照射できないシステムになっています。皮膚を吸引することで表皮を伸展して痛みを和らげる効果と、表皮のメラニン色素を拡散させることでヤケドのリスクを低下させることができます。
【ETハンドピース】レーザー照射面に強力なクーリング機能が同期しており、照射と同時に冷却が可能です。鼻・指・Vラインなどに適しています。

【治療間隔・回数】

・顔は1ヶ月 体は2ヶ月
・平均で5回~7回
・男性のヒゲや皮膚や毛の状態によっては8回以上かかることもあります。

【ダウンタイム・注意事項など】

・疼痛、火傷、硬毛化、水疱、毛嚢炎、掻痒の可能性
・子供脱毛は10歳以上を対象とし、毎回医師の診察の上で対応します。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

皮膚など水分の多い組織に吸収され、組織を蒸散して削るレーザーです
《腫瘍など 削る治療》
ホクロ(黒子)、イボ(脂漏性角化症)、脂腺増殖症、チェリースポットなど
*表面麻酔→CO2レーザー→スペクトラ(必要時)

【治療間隔・回数】

・1回〜
・ホクロなど:1回で除去できない事があります。

【ダウンタイム・注意事項など】

・5〜14日(皮膚が再生されるまで)の外用薬とテープ保護が必要です
・2〜3週間後の診察(再診料1000円)、もしくはヒーライトⅡ照射(4000円 再診料なし)をご案内します
・赤み、色素沈着、凹み、再発の可能性

《CO2フラクショナル》
開大した毛穴、ニキビ痕の凹み、肌の凹凸など
*表面麻酔→CO2レーザー(ドクター施術)→BENEV成長因子パック→ヒーライトⅡ

【治療間隔・回数】

・8週間おき 3回〜
・治療効果を高める併用治療として、照射間のヒーライトⅡやスネコスを推奨します

【ダウンタイム・注意事項など】

・翌日からメイク可(照射の強さにより不可)
・赤み(1〜3日)、ざらつき(5〜7日)、疼痛、熱感、腫れ
・赤み、色素沈着が残る可能性